日焼け対策をして紫外線が少ない時間帯に外出を

紫外線を受けて日焼けしてしまうと、肌の奥でメラニン色素が生成され、シミやそばかすの原因になってしまいます。紫外線を浴び続けると、肌の状態を損ねる要因になりますので、屋外で活動する時には日差しを遮る工夫が必要です。お肌のシワやたるみが多くなる背景には、日焼けによって肌が乾燥することもあります。紫外線が地表に多く到達する時間はできるだけ屋外で活動をしないことや、窓際で作業をする時も日焼けどめを忘れないことなどもポイントです。日の出前か、日没後に行動することで、紫外線の影響を避けやすくなります。太陽がまだ低いうちか、太陽が出ていない時に、買い物などの用事を済ませておくという方法もあります。ただし、日中の買い物で外出しなければならない主婦の方は紫外線の少ない時間帯に外出することができないかもしれません。紫外線の量が多いのは10時~14時の間になりますので、せめてその時間は出かけないように工夫するといいでしょう。太陽の光がそれほど強くない日や、紫外線が弱い時間帯の外出でも、紫外線対策は必ず行いましょう。市販の日焼け対策グッズとして、アームカバーやサングラス、帽子やパーカーなどが販売されています。日焼けどめは、出かける直前ではなく、少し早めにつけましょう。肌に塗ってから15分ぐらいすると効果が現れます。日焼けどめクリームをつけて少し時間をおくことで、クリームの成分が皮膚にしっかり付着し、紫外線を防いでくれるようになります。(ref: 53358327-31)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です