肌の日焼けには徹底した紫外線ケアが必要

スキンケアの一環として、日焼けをしないように注意したいものです。まずメイクをする際に下地に日焼け止めクリームを丁寧に塗って、その上からファンデーションをつけるようにすることが基本になります。この頃は、日焼け止めの成分も含まれているファンデーションもありますので、購入地にチェックしてみるといいでしょう。日焼け止めの成分が配合されている下地クリームやファンデーションを使って、紫外線が肌に届かないようにしておきましょう。紫外線からお肌を守る必要性は、昔より認知度が高くなっていますが、雨の日や、太陽の光が強くない季節は、日焼け対策は不要だと思っている方もいるようです。しかし、紫外線が地表に到達しているのは天気のいい日だけでなく、雲が出ている日でも、紫外線は肌に影響を及ぼしています。厚い雲が空を覆っている日でも、紫外線が肌に届かないように対策をしておく必要があります。また最近では、お肌に塗るタイプの日焼け止めクリームだけではなく、飲むタイプの日焼け止めサプリも出ています。紫外線による肌への作用を緩和するためには、日焼け対策用のサプリメントと、日焼け止めクリームの併用がおすすめです。家に帰ったら、肌のリカバリーを助けてくれるビタミンCを補うことも、紫外線から肌を守る効果が得られます。ビタミンCを多く含む果物や野菜を意識して食べることや、サプリメントでのビタミンC補給が大事です。サプリメントや、基礎化粧品を用いて、日焼けによる肌の影響を防ぐなどの方法は、紫外線対策に欠かせません。(ref: 53358327-29)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です