自宅で行うセルフケアでシワを解消することはできるのか

深いしわや浅いしわ、長いしわや短い無数のシワなど、皮膚には多様なシワができるものです。自宅で行うセルフケアでの解消が期待できるシワは細かなものに限られます。年をとると、まず目もとや口もとにシワができやすくなりますが、それは目や口の周りの皮膚が薄く乾燥しがちなためです。肌は乾燥するとシワができやすくなりますので、保湿を重視してスキンケアでシワ対策を行います。リピジュア、セラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分を配合したスキンケア用品を用いることで、肌の乾燥を防ぐために必要な成分を供給することができるようになります。また、シワの解消を目的とした美容液やクリームも販売されているので、セルフケアに利用できます。肌の乾燥によってできた小じわに対する効能評価試験をしてある基礎化粧品もありますので、試してみるといいでしょう。細かなシワはセルフケアによって目立ちにくくなることが期待できますが、深く刻まれてしまったシワはセルフケアでは改善が難しいことがあります。皮膚の表皮部分だけでなく、その奥の真皮にまでシワができると深いシワになります。真皮層は肌の深くにあるので、自宅でのスキンケアでは影響を及ぼせません。毎日肌のお手入れをしていても、真皮層は深い場所にある分、新しい皮膚細胞との新陳代謝のサイクルが遅れます。真皮層の保湿成分を増やすには、コラーゲンやたんぱく質、ビタミンCを摂取して身体の内側からの美肌ケアを試みたり、美容クリニックに行ってみる必要があります。いま以上に肌にできているシワを深くしないためには、普段から保湿ケアを行うことが大切です。(ref: 53358327-27)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です