就職試験の面接を受ける時の対処法

面接では、最後に何か聞きたいことはないかと聞かれる場合があります。もちろん、その会社が第1志望であるなら、さまざまな疑問点が出てくるかもしれません。滑り止め感覚で受けにきた企業では、聞きたいことは何もないと感じてしまうこともあのではないでしょうか。就職について前向きに考えているかを見極めるために、最後に質問の有無を聞いてくることもあります。内容のともなった質問がしっかりと出てくれば、内定になる確率は高くなってきます。就職の面接を受ける前には、その会社の募集要項や会社案内の資料を徹底的に読んで頭に入れておきましょう。いざ聞かれてから慌てて質問内容を決めるのではなくて、事前にどんな質問をするべきかを検討しておきます。仮に質問がまったく出てこないなら、面接官はそれほど会社に就職したいという意志が無いのだと感じてしまいます。熱意があるアピールのために、質問を次々とするという態度も、うまくいくとは限りません。特に聞きたいと思っていない質問を、ポーズのために出していると、とりとめのない内容になってしまいます。質問をするなら自分にしかできないような、意味のある質問をすることもポイントを上げるコツです。質問の答えを聞くときにも、メモを取ったり、相槌を打ったりするようにしましょう。(ref: 964227769-95)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です