人材採用をする企業は面接を重視

最近は、企業の景気が上向いていることから、求人を増やす企業が増加しています。就職する側にとっては様々な企業に思い切ってチャレンジできるだけでなく、職業選択の幅が広がりとてもいい傾向といえます。求人がふえることは、必ずしもいいことばかりとは言い切れないと言われています。応募してきた人を十分に吟味することなく、採用を決めて頭数を確保しようとする企業もあります。就職する側も、内定をもらったことを自分の実力だと勘違いして、安易に就職を決めてしまう傾向にあります。そうすると、いざ仕事になったとき、実際のギャップに戸惑うことになります。会社が求める人物像に近い人かどうかをはっきりさせるために、採用試験の場では、最終段階として面接を受けることになります。個別面接やグループ面接のほか、役員面接など様々なパターンがありますが、理想はある程度の責任のある人が個別で面接してくれるケースです。面接では、あらかじめ出してある履歴書に目を通しながら行います。面接の場で、履歴書の内容をただ繰り返させるような会社であれば、考え直すべきかもしれません。会社側が、本腰を入れて人を採用したいと思っているならば、面接の場で、履歴書をただ追認するだけの質問だけということはありません。面接でどんな質問をしてくれるのかは、企業側があなたをどれだけ必要にしてくれているのかの判断基準になります。履歴書に書ききれないあなたの魅力を自然と引き出してくれる面接を受けたら、その企業は就職後もきっとあなたを大切にしてくれると思います。(ref: 964227769-94)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です