住宅ローン控除の申告をする方法について

確定申告をすることによって、住宅ローンの控除を行うことができます。サラリーマンの場合は、住宅ローン控除を受ける1年目に確定申告をすると、2年目以降は年末調整で控除が可能です。これまで確定申告の経験がないと、物すごく難しいことを求められているような気がするものです。提出しなければいけない書類さえ用意しておければ、確定申告の手続きそのものに煩雑なことはありません。何をしていいかわからないという人は、事前に税務署の窓口に相談に行くという方法があります。簡単な問い合わせなら電話でも事足ります。必要な書類や、書き方について教えてもらうといいでしょう。連絡先がわからないという人は、国税庁のホームページを見てみるといいでしょう。また、ネットや書籍で確定申告の書き方について調べてもいいでしょう。年末残高証明書という書類を金融機関からもらって、確定申告の書類に添付します。ローンを利用した金融会社や、銀行によって、どんな手順で年末残高証明書を出すかは違います。例えば、民間在宅ローンでは、1年目は借り入れた翌年の確定申告の時期に間に合うように送付され、2年目からは年末調整に間に合うように10月頃に送付されます。フラット35を利用した場合は、発行時期やその方法がより詳細に決まっており、住宅ローン控除の申告ができるようになっています。(ref: 964227769-72)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です