住宅ローンの控除とは

返済中の住宅ローンがあるという人は、どのくらい返済金額が残っているかに応じて、所得税から控除ができます。住宅ローン控除は、正しくは住宅借入金特別控除といいます。400万円までの控除が可能という言い方がされますが、所得税から引く金額であり、400万円全額を控除にあてるという状況にはまずならなことは、理解しておく必要があるのかもしれません。控除額が、所得額より高額だったばあいは、所得税が0円になるだけです。住宅ローン控除を受けるには、決められた条件を満たす必要があります。条件は購入した年によって異なったり、他の控除が適用されることもあります。家や土地を買うためにローンを組むならば、控除のことも含めて検討しましょう。条件とは、住宅の床面積、居住を始めた期間、年間所得、住宅ローンの返済期間などです。買った家に誰も住んでいなければ、住宅ローンの控除は使えません。家族が住んでいれば、自分が住んでいなくても控除できます。控除ができる条件になっているかを確認した上で、住宅ローンを組むようにしましょう。ただし、住宅ローン控除は購入を急ぎすぎたり、予算をオーバーしてまで確保するものではありません。当初の目的に合わせて住宅ローンを組んだ上で、控除はあれば良いくらいのつもりで、予定を組んだほうがいいでしょう。(ref: 964227769-71)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です