サプリメントを販売する時の注意点

もしもサプリメントを販売するなら、事前に持っておくべき知識はいろいろあります。サプリメントは薬ではなく、あくまでも食品ですので、効能や効果を商品に表示することはできません。薬のように病気の改善に効果があるような書き方は、サプリメントの広告では認められません。人によっては、サプリメントの広告に書いてはいけないことがあると気付いていない方もいます。サプリメントを利用することで病気が治るとか治療効果があるといった表示をしてはいけないことになっています。サプリメントによる治療効果を記載してサプリメントを販売した場合は、薬事法違反になります。食品として販売しなければいけないので、サプリメントは薬のような書き方ができません。成分に関していうなら、厚生労働省が食薬区分を定めているので、それに沿わなければなりません。薬事法では、薬の成分として指定されたものをサプリメントに入れ、病気の治療にいいという売り方をすることも、禁止事項です。法律では、あくまで食品は食品として販売するように求められています。サプリメントは食品であり、食品を販売するには食品と薬品の違いをはっきりして、別のものとして扱わなければなりません。通販による販売だけに限らず、訪問販売や対面販売でサプリメント商品も売る場合でも同じになるので注意しましょう。(ref: 964227769-69)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です