にきびを予防するには乾燥に注意する

お肌の保湿を十分に心がけることが、洗顔ケアと共に、にきびの予防には、欠かせないことといえます。クレンジングや洗顔の時に熱いお湯を使用して洗ってしまうと、肌の水分の蒸発を促進してしまい、乾燥しやすくなります。洗顔によってにきびを予防する場合、ぬるま湯や、水が顔をよく洗い、汚れを落とすということです。お肌の乾燥を防ぐには、顔を洗い終わったらできるだけ時間を間をあけずに、保湿ケアを行うことです。さらに補給した水分を逃さないように、クリームなどをつけて蓋をすると、より効果があるのでおすすめです。にきび予防に大切なのが睡眠です。睡眠がにきび予防に関係あるのかと疑問に思う人もいると思いますが、睡眠とにきびには深い関係があるのです。しっかり眠れない日々が続くと、免疫が下がり、ちょっとした刺激でにきびができるようになってしまうのです。にきびに限らず、肌を健康的な状態に維持するには、十分は睡眠が必要になります。お肌のためには、よく眠ることが大事です。肌の再生サイクルがずれて、古い皮脂が新しい皮脂と交代しづらくなってしまうためです。人の皮膚は、28日間隔で、古い皮膚と、新しい皮膚とが入れ替わっています。しかしながら、睡眠不足などが慢性化すると、このターンオーバーする周期が不安定となり、再生が行われないというような肌のトラブルも起こってくるのです。気温が下がり乾燥しやすい季節には、保湿に気をつけて睡眠をしっかり取ることが、にきび予防には必要になります。(ref: 964227769-49)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です