にきびの予防は季節によって異なる

にきび予防は、冬であれば乾燥対策が主軸になりますが、夏のにきび予防に効果的な方法とは、一体、どういったものなのでしょうか。乾燥する時期とは異なり、春や夏の気温が高くなる季節では、にきびができやすくなる原因の多くは皮脂です。汗をかきやすい季節になると、毛穴から汗が出て、皮脂も剥がれやすくなります。冬の間はそれほどでもなかった汗や皮脂が、夏には毛穴から多く出るようになってきます。皮脂成分が毛穴から出切れずに残っていると、そのまま毛穴をふさいでしまうことがあります。アクネ菌が毛穴詰まりの中でふえると、それがにきびの要因になります。にきびを予防するには、洗顔などをまめにして皮脂が毛穴につまらないようにする事が大切です。春夏のにきび予防には、きれいにクレンジングする事も大変重要になります。肌を紫外線からガードするために、日焼け止めクリーム等を使わなければいけなくなるので、毛穴の目詰まりが起きやすくなります。日焼け止めはクレンジングでなかなか落ちにくい成分でもある為、毛穴に残ってにきびを引き起こす原因になる可能性もあります。毛穴に汚れが残らないように、1日の終わりのクレンジングで、毛穴から分泌された成分や、メイクの成分をきちんと洗い落としましょう。食事から摂取する栄養が偏らないようにすることも大事になります。皮脂の分泌がとても活発な時期に、揚げ物や脂っぽいものを食べ過ぎると、更に皮脂の分泌が多くなってしまうので注意が必要です。気温が高くなる時期は特に、にきび予防のためには、野菜やフルーツなどをたくさん取る必要があるのです。(ref: 964227769-48)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です