にきびを予防する方法について

乾いた空気の中では、特ににきびができやすいことが、指摘されています。予防するなら寒くなる前の秋ぐらいから始めるのがよいとされています。寒い季節になるとにきびが多くなるのは、気温だけの問題ではなく、空気の乾燥か進むこともあります。毛穴や、毛穴のある皮膚表面の角質層が、湿度が下がった影響で、新陳代謝がうまくできなくなり、固くなってしまいます。毛穴を塞いでしまうので、にきびができやすくなるのです。にきびを予防するためには、まずは皮膚が乾燥してしまわないように、しっかりケアする事が一番大切です。冬場は外の空気もカラカラに乾いていますが、暖房器具を用いる室内も乾いています。そのため、皮膚の水分が奪われやすい状態になっています。乾燥肌になると、皮膚を守るバリア機能が低下するので、にきびや肌荒れといった皮膚トラブルになりやすい状態になります。肌の健康状態を維持し、にきびを予防するために、肌をいたわってあげることが重要です。お肌の状態によっては、特に空気が乾燥していない時期であっても、にきびができることはよくあるでしょう。ですから、にきび予防は、1年中同じケアをしていたのでは、にきびの予防にはならないのです。季節によって予防方法を変える必要があります。(ref: 964227769-47)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です