赤ちゃんや子どもにも必要な紫外線ケア

紫外線ケアを子どものころからすることが、重要だといいいます。子どもは日焼けして外で元気よく遊んでいるほうが、健康的だと昔は誰でも思っていました。けれども、人体に対して紫外線は問題があることが明らかになってきたため、国内でも紫外線ケアをしっかり行おうとする人がふえています。皮膚がんになりやすさは、小さいうちに強い紫外線を長時間浴びているような人ほど、高いとされています。若いころに紫外線をたくさん浴びれば、光老化も出やすいことも分かっています。紫外線ケアは、早く始めれば始めるほど、効果を発揮するといえるでしょう。人間が一生に浴びる紫外線のうち約50%は18歳までに浴びているといわれています。大人になってからの肌や体は、小さいときに浴びた紫外線に対してどのように対応していたかにも関わっているわけです。子どもや赤ちゃんが紫外線を浴びるのが良くないからといって、一日中子どもを家に閉じ込めておくことはできません。紫外線が強い時間や天候の日は外出を避け、紫外線の強さがほどほどな時に紫外線ケアをしながら外出するといいでしょう。紫外線のあまり強くない場所を選んで子どもを遊ばせるようにすることも、子どもへの紫外線ケアでは大事なことです。大きな木のある公園など、日陰のあるところで遊ぶようにすると良いでしょう。外出時は帽子を必ずかぶせ、しっかりと日焼け止めを塗って紫外線ケアを怠らないようにすることも重要です。子どもにも紫外線の弊害についてしっかりと教え、自分からすすんで紫外線ケアをするように教育することも大事なことではないでしょうか。(ref: 964227769-30)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です