脂肪燃焼スープダイエットの方法について

スープを飲んで脂肪燃焼効果を促し、ダイエットを行う場合には、スープをつくる必要があります。使う野菜は、キャベツ、たまねぎ、セロリ、パプリカ、そしてトマトの水煮缶を適当な大きさに切って、コンソメで煮ます。このスープをメインにして、一週間分のダイエットメニューが決まっており、それに沿って食事をします。ダイエット中は、脂肪燃焼スープに合わせて、果物や野菜などのカロリーの少ない物を食べることになります。基本的に野菜かフルーツかのどちらかになりますが、1週間のうち2回程度はたんぱく質を摂取するために肉を食べるようにします。また、週に1回は炭水化物を摂取するために玄米をメニューに加えます。ダイエット方法のバリエーションの中には、ジャガイモを用いるというものも存在します。脂肪燃焼スープのダイエットをしている期間は、お酒は一切断たなければなりません。ダイエット期間中に食べられないものには唐揚げや天ぷらなどの油料理、ラーメンやパスタ、パンなどの小麦粉を使っている料理があります。体の中で留まっていた老廃物の排出を促進し、脂肪を燃やす効果が、脂肪燃焼スープには期待されています。脂肪燃焼スープの他、無糖のお茶類や天然果汁のジュースであれば飲むことが可能です。ダイエット期間中は、食べる事ができる物がかなり限られているので、食べることが好きな人はストレスがたまるかも知れません。(ref: 964227769-20)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です