仕事ガイドの使い方

仕事ガイドとは、仕事の内容のことだけを書いたものではありません。仕事ガイドでは、その仕事の適性の有無や、選ぶ時のポイントなども含めて書かれています。好きなことでお金を稼ぎたいという視点で仕事を選んだという人もいます。仕事とプライベートは切り離して、全くジャンルの違うことをしたいという選び方をする人もいます。どちらにしろ、自分の仕事をどれにしたいかきちんと考えたことがなかったという人は、就職活動の時期になっても、何から手をつければいいかわからなくなります。就職活動がなかなかうまくいかないという人は、仕事ガイドを改めて見返すことで、どんな仕事が自分に合致しているかを探し直しましょう。この仕事につきたいという自分的なゴールを見つけたとしても、どういう能力がある人がその仕事に有利なのかという点は気になってくるものでしょう。仕事ガイドを確認することで、その仕事につく人はどんな能力や素養が求められているかがわかり、自分のすべき方向性を見つけることができます。性格的な部分と、仕事の方向性とは、表面的にはわからないところでつながっていることがあります。経理関係の仕事につく人は、数字を扱うことに抵抗感がないだけでなく、計算が合わない時に過去の記録にさかのぼるなどして確認をすることができる根気も必要になります。飽きっぽい人や、地道な作業が好きでない人、正確性を求められる作業が好きではないという人には不向きな仕事といえます。仕事ガイドには、仕事の内容だけでなく、どんな性格の人だとこの仕事に合っているかという点でも参考になることでしょう。(ref: 911273119-97)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です