売却する側のローン特約の注意点

もしも住居やマンションを購入するために契約をする時には、ローン特約を忘れずにつけるようにしましょう。ローンの融資を断られた時には、ローン特約があれば住居を買うこと自体をなしにできます。一度とり交わした契約でも、住宅ローンの審査に断られた場合は契約自体を見直すことができるというわけです。ローン特約をつけることで、ローンの正式な審査結果が出る前に、住居購入の売買例薬を交わしておくことがてきます。ローンの審査結果を待っている間は、実際に購入できるかどうかがはっきりません。住宅ローンの審査を受けるためには、売買契約書の写しがなければ手続きができません。必ずこの点を踏まえた上で、住宅ローンを組むようにする必要があります。仮にローン特約付きの売買契約が成立しているなら、知っておきたいことが幾つかあります。契約した住居に移るのは、契約が終わってからしばらく経ってからにしましょう。ローンの審査が通ったことが確定してから、引っ越しをする方が無難かもしれません。もしも住宅ローンの審査にOKが出ず、売買契約が白紙になった時に、引っ越しにかかった費用が無駄になってしまう可能性があるため気をつけましょう。ローン特約について理解した上で、住宅の売買契約を交わすことが大事になります。(ref: 911273119-79)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です