しわやたるみの原因

顔にしわやたるみがあると、外見の印象がぐっと年老いて見えます。しわやたるみの目立たない肌になりたいという人は少なくありません。お肌にしわやたるみができるメカニズムを知ることが、スキンケアでは重要な意味を持っています。どうしてしわやたるみができるようになるかというば、顔に張り巡らされている筋肉の衰えや、紫外線による肌の乾燥が関わっています。紫外線を照射された皮膚は日焼けをし、しわやたるみの原因になりますので、可能ならば回避しましょう。日焼けは肌の保湿力を奪うので、知らず知らずのうちに皮膚のたるみやしわをふやしてしまいます。紫外線を浴びたお肌は、光老化という変化を起こすということは、理解しておく必要があります。長時間の間紫外線を浴び続けると、人間の皮膚は光老化によって乾燥が進み、保湿力が弱くなって代謝が低下し、しわやたるみが目立つようになります。皮膚にしわやたるみができるのは、肌の弾力が失われるためです。肌の弾力はコラーゲン繊維によって保たれていますが、紫外線を浴びるとコラーゲンの繊維が破壊されます。コラーゲンの補給は、しわやたるみの解消に効果が高いと言われています。お肌にコラーゲンが存在していることで、肌のハリとうるおいをキープすることかできるといいます。紫外線による光老化でしわやたるみが目立つようなことがないように、紫外線予防をきちんと行うことも、お肌のためには大事な意味を持ちます。(ref: 911273119-41)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です