夜用のスキンケア用品について

お肌のコンディションだけでなく、1日のうちどの時間に使うかでスキンケア用品を選ぶという方がいます。昼と夜では、お肌が必要としている成分の質はかなり違うので、使い分けは有用な手段です。お肌のターンオーバーを助ける成分に重点を置き、日焼け止めの成分は入っていないことが、夜のスキンケア用品の特性です。昼につけていたメイクを落とし、肌をリフレッシュさせる役割が、夜のスキンケアでは求められるところです。眠っている間にみずみずしい新たな皮膚をつくることが、夜の目的です。夜のスキンケア用品は保湿や保水を目的とした成分を使い、肌をしっとりした状態に保ちます。保湿効果の強い夜のスキンケア用品を昼に使うと、肌がしっとりしすぎて化粧が流れやすくなることがあります。しみやたるみに対するスキンケアも、夜のうちに行う方が効率的です。夜のお肌はスキンケア用品に何を求めているかを知ることで、スキンケア用品選びがしやすくなります。夜と昼とでスキンケア用品を適切に使いわけることによって、お肌のコンディションをよくしていくことが可能です。お肌が求める成分を適切に与えることができるスキンケア用品選びは、肌のお手入れの基本です。市販のスキンケア用品は色々なものがありますので、肌質や時間帯に合わせて使い分けてください。(ref: 911273119-40)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です