昼用のスキンケア用品について

昼と夜とで、それぞれ違うスキンケア用品を使うという方法があります。朝晩のスキンケア用品を切り換えることで、肌のコンディションにより細やかに対応できます。多くの場合、紫外線をふせぐ成分を配合したスキンケア用品を昼に使います。乳液やローションなので、日焼け止めと化粧下地を兼ねたようなものです。朝晩の通勤や、短時間の外出などに対する紫外線予防が目的で、わざわざ日焼け止めを使わずに済むという利点があります。UVカットに役立つようなスキンケア用品を使っていれば、家から出る都度日焼け止めクリームを塗る必要もありません。日中は、化粧のつけなおしをする時に使えば紫外線対策には十分効果があります。短時間で朝の準備を終わらせたいという人は、ベースメイク用品に、紫外線対策成分が配合されている方が効率的であるといえます。朝と晩で同じスキンケア用品を使いたいという人は、朝は別の日焼け止めクリームを用意し、UVカット効果のないものにするといいでしょう。もしもUVカット成分が配合されていないスキンケア用品でお肌のお手入れをするならば、別に準備した日焼け止めクリームをつける必要があるでしょう。UVカット効果が配合されているスキンケア用品は、お肌の負担をさけるためにも就寝前には使わないようにしてください。賢くスキンケア用品を使っていくことが大事になります。(ref: 911273119-39)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です