紫外線対策に効果的な化粧品について

紫外線対策は、大きく分けて二通りです。紫外線を回避する対策と、紫外線を浴びた肌のケアとです。紫外線を肌に受けていた時間はごくわずかのつもりが、数時間後には肌が赤くなっていたり、ヒリヒリするようになってしまったという体験談を持つ人は多いでしょう。肌に紫外線を浴びてしまった時に、皮膚のダメージを緩和する方法は何かないのでしょうか。強烈な紫外線にさらされた肌は、赤みが強くなり、その状態がしばらく続きます。多くの場合、赤みは一日程度でおさまります。皮膚の赤みは、多少冷やしたくらいではそう簡単にはなくなりません。その後、数日でメラニン色素が増加し、肌の黒さがはっきりしていて、日焼けになります。紫外線を浴びた肌の状態を整えるためには、メラニン色素が増加する前の段階で美白化粧品や肌のお手入れを行って、シミやしわ対策をすることです。美白化粧品に含まれる成分に、抗酸化力が強いとされる成分があります。効率的な紫外線対策を講じたい場合は、美白成分の使われている化粧品を少し多めに使うことです。化粧品店やスーパーの紫外線対策グッズコーナーにはいろいろな商品があります。紫外線から皮膚を遮るためのもの以外でも、日焼けをした後に肌につけるクリームやローションなどもあります。日焼けをした皮膚につけるローションには、肌のほてりを冷ます成分や、肌の炎症を抑制する成分、肌の抵抗力をつける成分など、紫外線対策に有効な成分がたくさん使われているといいます。(ref: 911273119-37)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です