紫外線をカットして日焼け対策をする

屋外で活動する時、屋内でも日差しの入る部屋にいる時は紫外線対策をしっかり行うことが大事です。かといって、屋内に閉じこもっていることはできません。外に行く時は、紫外線カット処理がされているサングラスや日傘、衣類などを使って、できるだけ紫外線を遮られるようにしておきましょう。紫外線は人の目には見えないため、どこにあるかもわかりませんが、物体や地面からの反射で皮膚に届く場合もあります。サングラスや帽子をしていても、地面からや、横から紫外線が顔に到達するという可能性はあるわけです。紫外線対策では、目で見てわからないような細々とした部分までの配慮が必要になってきます。紫外線の対策のために、日焼け止めクリームをこまめに顔に塗るという方法もあります。紫外線対策の効果を保つためには、1日数回、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。化粧崩れを直す機会がある人は、その時に日焼け止めクリームもつけ直すことによって、紫外線から皮膚をガードし続けることが可能です。日焼け止めクリームには、SPFという紫外線をガードする指数が表示されています。強い紫外線の下で活動する時はSPF50の日焼け止めクリームを使い、日常生活の中ではSPF20~50の日焼け止めクリームを使うという使い分けも有効です。紫外線対策の基本は、まめにお手入れをすることにあると言われています。(ref: 911273119-36)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です