アトピーとサプリメントの利用について

サプリメントを摂取してアトピーの症状を軽くしたいという人は案外多いようです。サプリメントは数多く販売されています。自分のアトピーの症状によって必要なサプリメントを選択しなければなりません。アトピーの症状のうち特にかゆみが気になるという人は、バントテン酸やビオチンをサプリメントで摂取し皮膚の炎症を改善しましょう。ビタミンの一つであるビオチンは、たんぱく質の生成を助けて肌を良い状態にします。皮膚の炎症緩和の他にも関わっているのです。パントテン酸のサプリメントは、ステロイド剤の副作用による皮膚が薄くなるという症状を予防してくれます。アトピーの炎症やかゆみの原因は、ヒスタミンと言う炎症物質が異常に分泌される事です。ウイルスなど有害な成分が身体に入ってきた時に、ヒスタミンが分泌され体の免疫を高める効果があります。アトピーの人の場合、ダニやハウスダスト、花粉と言ったものに対しても反応してしまいまい、かゆみや炎症が頻繁に起こってしまうのです。ケルセチンはかゆみの元であるヒスタミンが大量に作られないように抑制してくれる働きがあります。腸の状態や皮膚が薄くなって炎症がひどい時には、ケルセチンでアトピーの緩和は難しいので気をつけてください。アトピーの症状が一定のラインまで治まった時に、ケルセチンはダメ押しの意味で使うと効果があります。アトピーで皮膚がどうなるかは人それぞれであり、サプリメントの効果も差があるので、医師と相談して選ぶのもいい方法です。(ref: 723636802-175)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です