増える体重のメカニズム

なぜ人間の体重は増えるのでしょうか。体重を知りたくなくて計測せずにいたら、いつの間にか体重が増えるという体験談もあります。どこかに出かけた時や里帰り、年末年始やGWなど長期休暇が終わった後などは、外食やアルコールの影響で体重が増えることがあります。つい怖くて体重計を見ないようにしてしまいがちです。体重が増える理由として主なものは、カロリー過多な食事をしていたり、運動をする機会がほとんどない生活をしていることなどが考えられます。体重の増加を自覚した場合、生活リズムを改善することが大事です。食事や生活リズムを改善する際には、どうして体重が増えるかを認識することがポイントです。シンプルな考え方をするのであれば、摂取するカロリーが消費するカロリーより多ければ体重は増えるものです。人の体は、体温の維持や臓器の活動、体を動かすために一定のカロリーを必要とします。食べ物やおやつで、使う量につり合うだけのカロリー摂取をすることが理想的です。生活活動代謝という、体を動かしたり日々の活動をする上でも使うエネルギーもあります。基礎代謝には、食事誘導性熱産生という摂取したものを消化するカロリーも含みます。ある種の食べ物を摂取すると体重が増すといった簡単な話ではありません。体重が増えるのは、食事などで得たカロリーが使うカロリーを上回った場合に起きる出来事です。(ref: 723636802-46)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です