体重が減少する原因

体重が減少する原因はいろいろあります。ある程度の年齢に達すると、体重の変化は小さくなりがちです。全く変わらないわけではありませんが、変わってもプラスマイナス2㎏の範囲内であり、大体の体重は確定しています。普段の生活の中での体重減少の原因としては、健康を害したというケースがあります。体調を崩して食べ物がのどを通らなくなったり、食べても消化がうまくいかないために、体重が減少することがあります。体調が改善することで栄養吸収が良くなり、体重減少にも歯止めがかかります。体を動かす機会が多くなったために、特に食事を多くしていないにも関わらず体重が減少するという人もいるようです。カロリー摂取量は変更せずに、運動やスポーツを多くすることでダイエットを目指す人もいます。積極的に体を動かすことによって体内に蓄積されている脂肪を燃やし、体重を減少させることができるとされているようです。特段、はっきりした理由がないにもかかわらず、体重が減少するという人もいます。特に気をつけるべきことは、臓器にトラブルを抱えている場合や、代謝や内分泌器官が良くない場合です。特に食欲が変わったつもりがなくても、見えない理由で体重が徐々に減少することがあります。あてはまるなら、病院での診察をお勧めします。(ref: 723636802-4)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です