転職の面接で自己PRをする

自己PRを駆使して採用試験の面接をこなすことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。面接担当者は、就職希望者の身なりや態度、言葉遣いだけでなく、この人を採用したらどのようなメリットがあるだろうかなど、いろんな事を限られた面接時間の中で確認しようとしています。今まで勤めていた会社を辞めたいと考えたのはどうしてか、新しい仕事に就きたい動機は何など、新卒と異なり転職活動者は必ずといっていいほど聞かれます。どんなことができて、今まで何をしてきたかなども面接で聞かれるようです。これらについて、質問をされた時に備えて短くわかりやすくまとめておくことで、長すぎず短すぎずに話をすることができます。面接では、与えられた時間内での自由な自己PRを求められることもあります。面接官を惹きつける自己PRをするには、曖昧な気持ちや意気込みだけをつきつけるだけでは不十分です。限られた時間の中で自分のできること、したいことを相手に印象づけ、効率的な自己PRをするには、あらかじめ下準備をしなければなりません。数分という制限時間内で、好きなように自己PRをするようにという課題を与える面接も存在します。3分~5分ほどの持ち時間で話をするという会社が多いようです。転職活動での自己PRとなると、これまでの自分の経験を一つ一つ話していきたいものですが、逆効果に働く可能性があります。決められた時間内、簡潔に要点を絞った自己PRをするというのも、1つの重要な採用基準になります。転職活動に望む際には、どんな面接でも自己PRができるよう、相手に伝えたいことはまとめておくといいでしょう。(ref: 544785926-96)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です