就職作文の書き方

就職活動では、作文で困っている方もいるようです。就職試験で作文を求められた場合は、志望動機や自己アピールを盛り込むことが大事です。つまり就職の作文は、しっかりとした自己分析が出来ていないと書けないものなのです。就職試験で望まれる作文とは、どういったものでしょう。作文の構成や焦点をあてるべきポイント、自己アピールの仕方などにはコツがあります。作文で踏まえるべき題に沿って、自分の考えている内容や主張を単純でもはっきりと書きましょう。自分以外の他者の言いたい事や、異なる主張との対決に耐えられるような文章構成になっていれば、就職試験に合格する作文となるのです。また、会社側が作文を求める時は、テーマへの造詣の度合いを測りたいわけではありません。意欲と向上心を持って会社での仕事に取り組み、上司を尊敬し、同僚との和を重視し、会社の一員として励みたいという意欲を示すのが作文の狙いです。それが会社側が知りたいことであり、あなたが就職試験の作文で伝えるべきことなのです。もし、将来像や人生を問われた場合、無理をせずに安全パイな選択をするのではなく、自力で人生を切り拓くために頑張りたいという趣旨にしましょう。会社側が、作文での思想や考え方はどんなものでも構わないと言われていても、それは言葉のあやでしかない場合もあるのです。作文でどんなことを書けば就職がうまくいくかを把握しておくことで、自信を持って試験会場に向かえるでしょう。(ref: 544785926-92)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です