就職の作文について

就職活動では、試験として作文を書き上げることが要求されることがあります。就職作文のほとんどは、題目だけの作文の様です。少子高齢化について、責任と義務について、好きな言葉について、尊敬する人について、志望動機とこれからの希望などの題材で書くことが一般的です。就職作文のよくある主題としては、1つの名詞だけポンと出してそれについてどう考えるか問うものか、人生や会社についての姿勢を業界情勢や社会情勢と絡めて問うというスタイルのようです。この時、作文では文章表現力に期待して書かせているわけではありません。意味が通る文章を書けるということくらいは、満たさなければならない要件です。しかし、作家になるわけではないのですから読み手である人事担当者を唸らせる様なものを書く必要はないのです。就職試験の科目の1つとして作文があるのは、文章力を確かめるというより、文章から見えるその人の人格を知るためといえます。文章には、その人のオリジナル要素がどうしても見え隠れします。自己アピールのために書かれた作文であれば、言うまでもありまん。書類審査のために、履歴書と合わせて用いることもあります。毎年たくさんの受験者が訪れる人気企業にとって、希望者全員に会う事はかなり骨の折れる作業です。そのため、会社は就職活動に作文をもうけ、就職希望者がそれぞれどんな人物か効率よく把握しようとするのです。(ref: 544785926-91)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です