アメリカのサプリメント副作用について

アメリカのサプリメント副作用について。94年に成立した栄養補助食品健康教育法によってサプリメント大国となったアメリカでは、効能の情報、選択の自由を得た一方、選択の責任も負う事にもなりました。今のところ日本はその逆で簡単に言えば、サプリメントの効能の情報は開示せず、選択は厚生省任せといった状態です。現状では、アメリカではサプリメントによる副作用の問題が少なからず発生しており、嘔吐や下痢、頭痛などの症状がアメリカ食品医薬品局に報告されています。これはサプリメントの過剰摂取・副作用による健康被害の一例ですが、中には死亡者が出て問題になっているケースもあります。とりわけ中国原産のハーブ、エフェドラに関しては日本でも大きな話題となりました。体重を減らしたい人が愛用するサプリメントとしてアメリカでは販売されており、医薬品扱いだった日本よりも普及率がずっと高かったようです。エフェドラは今では販売が認められていません。薬より効き目がゆるやかで副作用の心配が少ないサプリメントですが、絶対に副作用がないというわけではありません。間違えた使い方をしていては、飲み過ぎや飲み合わせによる副作用の危険も高まります。抵抗力が落ちている場合や調子が良くない時にサプリメントを摂取すると、副作用の可能性が高くなることもあります。健康づくりにとても役に立つサプリメントですが、副作用が起きないよう、使い方には十分に注意をしてください。(ref: 544785926-55)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です