健康食品としてのサプリメントの上手な使い方

サプリメントとは元々は健康食品名ではなく英単語で、名詞では補足や補充、不足を補うというニュアンスがあります。普段私たちが口にするサプリメントは、健康食品として体を健康に保ち、不足している栄養を補う等の目的で使用されています。食品類に含まれている栄養成分が効果的に精製され、体内に取り入れやすい形にしてあるものがサプリメントの特色です。一般的には、サプリメントは栄養補助食品や健康食品という名称がついています。日々の食事だけでは補充しきれない栄養成分を摂取するものがサプリメントや健康食品であるといいます。食事と一緒に摂ることによりサプリメントの消化吸収も良くなり、効果的に働くとされています。成分表示をしっかり見極め、そのサプリメントに使われている成分は合成物か天然物か、どんな栄養が含まれているかを調べてください。どんな栄養素が体にどんな影響があるのか、どういった摂取方法が効率がいいかなどをチェックしてから購入しましょう。水溶性ビタミンであるB群やCは過剰摂取は体内に流れていくだけですので、少量をまめに取り入れる方が効果があるとされています。また、ビタミンA、D、E、Kは摂りすぎると体内に溜め込まれる性質があるので、これらの脂溶性ビタミンは食事で摂取できればサプリメントは必要ないと言われています。ここ数年でよく耳にするアミノ酸系のサプリメントは運動前にとるのが効果的とされています。体にどのような効果を期待するのか、どのような栄養素を摂取するかによって、サプリメントの扱い方はそれぞれ差があります。栄養素について調べたり、わからない部分を確認するなどしながら自分のニーズに合わせてサプリメントや健康食品を選択し、納得のいく使い方をするようにしてください。(ref: 544785926-53)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です