健康食品とサプリメントの種類

サプリメントや健康食品は昔からあるものではなく、20年か30年くらい前から急速に広まり、普段から使われる商品として認識されるようになりました。コンビニでもサプリメントや健康食品を販売するようになり、薬屋に行かずとも手軽に色々な商品が買えるようです。一般的な錠剤型のサプリメントだけでなく、ドリンク状のもの、カプセル状のものなど、形や名前も多様化しています。とはいえ、サプリメントや健康食品と銘打ってはあるものの、成分や健康効果が確保されているわけではないようです。保健機能食品とされているのは、一定の基準などにより分類され、厚生労働省の認可をうけたものになります。認可の基準としては、有用性や安全性が科学的なデータを基に確立されている成分を使用していることが前提となっています。サプリメントや健康食品の中でも、行政が定めた条件に合致しているもののみ保健機能食品となります。記載が許可されている内容によって、保健機能食品には特定保健用食品と栄養機能食品があり、マークや表示認可内容が違います。「~が気になる方に」という書き方を厚生労働省が許可している食品が、特定保健用食品です。栄養機能食品には栄養機能の表示が可能とされいるようです。サプリメントや健康食品のバリエーションは幅広く、特色も色々です。適切なサプリメントや健康食品を使うためには、商品別の特徴や内容をしっかり把握した上で使うかどうかを決めてください。(ref: 544785926-52)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です