フォトフェイシャルのメラニンへの効果

美容治療の一種であるフォトフェイシャルは、年を重ねる毎に気になってくるしみ、しわ、そばかす、たるみを減らす効果があります。IPLという特別な光を肌に照射する美容施術が、フォトフェイシャルと呼ばれる手法です。肌への美容治療の方法にはさまざまなものがあります。薬を服用したり塗ったり、ピーリングやレーザー照射は肌への美容治療としてよく知られています。そういった様々な方法の中に、フォトフェイシャルでのスキンケアがあります。髪や肌の黒い色を作っているメラニン色素に、IPL光は反応する性質があります。その性質を生かして、メラニンを撃退し排出する美容治療法がフォトフェイシャルなのです。そばかすやシミは、肌のメラニン色素によって形成されているということはよく知られていることのようです。このメラニンをフォトフェイシャルのIPL光で分解することによって美白効果を得られ、しみやそばかす対策ができます。ですが、こんがり日焼けをしている肌に対してはフォトフェイシャルは使えませんので、気をつけましょう。日焼けした肌はメラニンによって肌が小麦色になっています。だから、メラニンに反応するフォトフェイシャルは、小麦色に焼けた肌には過剰なまでのダメージを与えてしまうからです。日焼けをしている肌にフォトフェイシャルを施すと、時にはやけどのように赤く腫れ上がることがあるようです。フォトフェイシャルの肌への効果は、注意深く使えばとても役に立ちますので、上手に活用してください。(ref: 544785926-41)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です