クレンジングオイルとは

どんな特徴がクレンジングオイルという化粧品にはあるのでしょうか。それでは、クレンジングオイルの特徴や使い方とはどんなものなのでしょうか。毛穴の汚れ、メイクや大気中の汚染物質をオイルで落とすことが、クレンジングオイルという化粧品の目的だといえます。クレンジングオイルは、お肌の汚れの馴染みが良く洗い上がりはさっぱりとしていて、ベタベタとした感触が無いのが特徴です。メイクが落ちやすいという事で、クレンジングオイルを選ぶ人は多く、人気の化粧品ですが、クレンジングオイルの使い方を間違えるとお肌のトラブルの原因になります。石鹸等の洗顔料でクレンジングするよりも、油汚れはオイルに溶ける性質があるので、メイクによるお肌の汚れをオイルで素早く浮き立たせて取り除くのに非常に効果があります。多めに界面活性剤が配合されているものが、クレンジングオイルの特徴としてあげられます。別のタイプの洗顔料と比べてみると、クレンジングオイルはお肌への刺激が強いといえます。それはほかのものよりも、汚れ落ちが良いからです。クレンジングオイルは汚れを落とす力が強いので、気をつけなければならないのは、クレンジングオイルで汚れを落とす為に必要以上に肌をこすったり強くマッサージしてしまうことです。クレンジングオイルには、肌の保湿成分迄奪ってしまうという欠点があるからです。クレンジングオイルでは、出来るだけ短時間で洗い上げることが大切です。クレンジングオイルで長時間洗顔すると、逆にお肌を傷つけてしまい肌のかさつきや、にきびの原因になってしまうからです。クレンジングオイルの使用は、乾燥肌や敏感肌の人はやめたほうが良いでしょう。Tゾーン等、皮脂成分が多い部分や目の周り等のポイントメイク等を落とす場合に、クレンジングオイルは効果があります。クレンジングオイルという化粧アイテムは、化粧汚れの強い場所に、カット綿や綿棒を使って、スポットクレンジングとして使用するときにもおすすめです。(ref: 544785926-32)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です