保湿化粧品の使い方について

保湿化粧品は、乾燥肌の方にとって手放せないアイテムだといえます。保湿化粧品は、乾燥肌に役立つものですが、その使い方はどのようなものなのでしょうか。せっかくの保湿化粧品をコットンでバタバタと叩き込んだり、肌の上を滑らせたりしていないでしょうか。けっこう多いのが、自分では優しくしているつもりでも肌が摩擦のダメージを受けていることがあることです。忘れていけないのは、質の良いコットンをきちんと使っても、肌にダメージを与えててしまうということです。肌の表面は傷つきやすいからなのです。ひび割れた肌の表面からは、保湿化粧品でケアしても水分が逃げ出して乾燥を招いてしまいます。外界からの刺激物質の進入を許してしまうのが、乾燥した肌ですので、肌に優しい保湿化粧品の使い方を身につけることによって乾燥肌対策ができるといえます。やさしく肌を押さえながら、化粧水、美容液、乳液は手のひらに取ったあとに、さっと顔全体になじませます。ポイントは、中指と薬指の腹を使って、顔の内側から外側へ、下から上へ、血行とリンパの流れを意識しながら、更になじませて仕上げることです。指圧する様に、2本の指の腹で軽く押し込む様に、なじませるのが重要なポイントです。絶対にやめたほうが良いのは、こすったりバシバシ叩くことで、顔の赤みやしみの原因になってしまいます。乾燥肌はデリケートですので、優しさ最優先のスキンケアをしていくことが大切だといえるでしょう。保湿化粧品の使い方を正しく覚えることで、毎日の乾燥肌のスキンケアの効果を実感できると良いのではないでしょうか。(ref: 544785926-31)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です