頬のたるみとコラーゲン

密接な関係が、頬のたるみとコラーゲンの間にはあるようです。コラーゲンとは皮膚組織の一つである、真皮内に存在する弾力繊維のことです。kの皮膚組織コラーゲンは、たんぱく質の一種で、繊維状になっています。網の目のようにエラスチンとコラーゲンが絡み合うことで、皮膚を支える役目をすしています。その間に大量にヒアルロン酸といった保水性分などを保持することで、肌のみずみずしさや弾力を保つというのが主な働きです。コラーゲンは、肌の弾力を維持してくれるだけではなく、頬のたるみを予防する役目もしてくれるものです。コラーゲンとエラスチンの間にある細胞は、コラーゲンを生み出す働きをする繊維芽細胞と呼ばれるものです。加齢とともに働きが次第に鈍くなってしまうのが繊維芽細胞で、その影響でコラーゲンも徐々に減少してしまうといいます。頬のたるみは、コラーゲンが減少することでおきるものです。深いシワやたるみの原因は、紫外線など外からの刺激によりコラーゲンが細くなってしまったり、コラーゲンが減少したりすると、肌のバネのような弾力が失われてしまうことなのです。年齢を重ねるとともにコラーゲンは変性して硬くなり、繊維芽細胞も働きがにぶくなってくるので、コラーゲンが作られる量も減っていきます。コラーゲンを体内で増やすためには、たんぱく質がコラーゲンのもとなので多く摂取するとともに、サプリメントが手軽に摂取できるので効果的です。しっかりと頬のたるみを予防するには、コラーゲンのサプリメントを摂取すると良いのではないでしょうか。(ref: 544785926-27)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です