やせる運動の種類

ダイエットのためにととにかく運動に取り組むという方がいるようですが、運動をしさえすれば何でもやせるというわけではありません。瞬発的な運動になる無酸素運動は体内の糖質を使っており、持続的な運動になる無酸素運動は体脂肪や糖質を燃やしています。またこの2つをこなすための準備としてのストレッチもあります。この3つの運動がやせる運動の種類です。有酸素運動とは、呼吸をして体内に酸素を取り込みながら行う運動のことです。やせる運動に適したものとしては、ウォーキングや早歩き、サイクリングや水泳などがあげられます。有酸素運動は体内に酸素を取り込み、蓄積されている体脂肪と糖質を燃焼する作用があるため、やせる効果が期待できます。短距離走や重量あげなどの、短時間で一気に終わらせるタイプの、その瞬間にだけ力が必要になるようなタイプを無酸素運動と呼びます。この運動は酸素を吸わない代わりに、筋肉が体内の糖質をエネルギー源として消費します。無酸素運動は筋肉を増強させることが目的の一つとなり、筋肉を肥大させる効果があります。脂肪が燃えやすくやせる体になるには、筋肉を増強して、安静にしていても脂肪が燃える基礎代謝の高い体になるといいでしょう。有酸素運動も無酸素運動も、事前にストレッチをすることによって筋肉をほどよく温め、運動に取り組みやすい体にと整える効果があります。運動はやせるだけでなく、蓄積されたストレスが解消され、健康づくりを促進し日常の充足感も増すようです。(ref: 544785926-10)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です