内臓脂肪の危険性

皮膚の下に存在する皮下脂肪と異なり、筋肉と内臓の間に存在する内臓脂肪は蓄積されすぎると生活習慣病を引き起こすため、ダイエットが必要となります。内臓脂肪は、体内で様々な悪性物質を作っています。例えば、悪性細胞を攻撃する機能があるものの、その過程で糖尿病になりやすい環境を作る物質といったものです。内臓脂肪が多いと、成人病になりやすくなるのです。女性より男性の方が体脂肪が内臓脂肪になりやすいのですが、その分生活習慣病になりやすいようです。こういった事情から、ダイエットで内臓脂肪を代謝する必要性が出てくるのです。内臓脂肪型肥満の状態にあると数種の病を発症することも多く、このような状態をメタボリックシンドロームと呼びます。内臓脂肪が増加したために下腹が出っ張って見えてきたという症状は、中年男性によく見られる状況でしょう。内臓脂肪は外から判断がつきにくいため、ウエストサイズをひとつの指針に使います。女性はウエスト90センチ、男性はウエスト85センチをオーバーしているならダイエットをしなければ、内臓脂肪型肥満としては危険な水準です。最も危険性が高いのは、ウエストはかなりあるのに指で脂肪がつまめないという方でしょう。健康診断でメタボリック症候群と判断されたことでダイエットを始めたという方は最近では少なくありません。健康のため、ダイエットに取り組む男性もこの頃は大勢いるようです。美容や痩身のためにダイエットをするだけでなく、内臓脂肪を代謝しいつまでも健康に暮らすためにもダイエットが必要な時代になっています。(ref: 544785926-2)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です