クレジットの金利は支払方法で変わる

最近では、大抵の人がクレジットカードを1、2枚持っています。クレジットカードには金利が設定されています。設定されている金利がいつどのようにして加算されるか、知らないままにクレジットカードを利用している人もいます。クレジットカードでは、3回以上の支払いで金利がつきます。ボーナス一回払い、一括払い、2回払いでは金利は全くかかりません。クレジットカードの支払方法には他にもリボ払いというものがあります。リボ払いでは、毎月一定の金額以上は請求されず、来月以降に回されるという分割方法です。金額によっては全額返済まで何回も返済をしなければならなくなり、金利もつきます。クレジットカード会社によって金利には差がありますが、リボ払いの場合は15%程度です。クレジットカードでは、支払い方法を選択する時は、可能な限り金利を低く抑えていきたいものです。例えば10万円の買い物をクレジットカードで行った場合、月々の5000円のリボ払いを金利15%でしていると13,000円もの利息がつきます。金利の分で何か他のものが買えるのではないでしょうか。毎月の返済は楽でもむだな金利を払い続けることになってしまうのです。お得な支払い方法のつもりが、金利という形でクレジットカード会社に貢いでしまう結果になります。できれば一括でクレジットカードの支払いをすることで、金利とは無縁でいることができるでしょう。(ref: 522563887-80)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です