変動為替相場と固定為替相場

現在の世界通貨では、変動相場制のもとで成り立っているといいます。なぜ、為替レートを変動させながら取引をしているのでしょうか。為替レートの変動とは、何に基づいて決まっているのでしょう。外国為替の取引は、相対取引で行うものです。取引するもの同士が直接取引するということです。取引する為替レートもお互いが合意すればいくらでも良いことになります。当事者間で決まればそれでいいとはいっても、ベースになる金額が必要になります。為替レートとはインターバンク市場という銀行と銀行で貨幣の取引をする時の取引額のことです。外貨のやり取りは、銀行やディーラーが主に行っています。各国通貨の価格は、株価と同様にどの貨幣がどれだけ必要とされているかで決定します。変動相場制の通貨は為替レートが変化しますが、固定相場制の通貨の為替レートは一定です。日本やアメリカ、ヨーロッパなどの先進国通貨は変動相場制で、その時々で為替レートが変動しているものが大半のようです。各国の通貨当局が為替市場に介入して為替レートの変更を上下1%の範囲内に押さえているのが固定相場の通貨です。中国や発展途上国が、現在のところ固定相場制を採用している国としてあげられます。日本円は変動相場制で取引が行われているため、いつもレートが変わっています。(ref: 522563887-74)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です