ビタミンEサプリメントの副作用

健康効果が高い栄養素であることから、ビタミンEを配合したサプリメントは増加しているようです。何らかの弊害がビタミンEで出ることはあるでしょうか。ビタミンEは、元々マーガリン、アーモンド等のナッツ類などに豊富に存在している栄養成分です。サプリメントを使って摂取している人もたくさんいます。ビタミンEは脂に溶けやすい脂溶性のビタミンです。脂溶性のビタミンは、多量に摂取すると体の外には排出されず、過剰な状態になってしまいかねません。ビタミンE過剰による体への悪影響としては、ビタミンKの代謝に問題が起きたり、肝臓の機能が下がることがあると言われてきました。近年、また別な副作用があることがわかってきました。ビタミンEを摂取しすぎると、骨粗しょう症になりやすいというものです。サプリメントでビタミンEを取りすぎると骨の新陳代謝に問題が生じ、骨粗しょう症になるといいます。食物から摂取している範囲では何ら問題ないようです。過剰摂取による副作用は、健康や美容を高めるためにと通常以上のビタミンEサプリメントを摂取していた場合に発生することがあるようです。健康にいいはずのビタミンEの飲み過ぎで体に不調が起きないよう、サプリメントの正しい使い方をきちんと守るようにしましょう。(ref: 522563887-65)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です