妊娠中の葉酸サプリメント

葉酸は、妊娠中にサプリメントなどで摂取したい栄養素のひとつです。ほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜だけでなく、大豆やレバーにも含まれている葉酸は、ビタミンB群のひとつであり、サプリメントのほかから摂取することもできます。葉酸の摂取が必要だと言われているのが妊娠中、特に妊娠してから3ヶ月目までだそうです。できれば妊娠がわかってから摂取するのではなく、妊娠可能性がある女性は意識して葉酸を摂取しましょう。葉酸サプリメントを普段から使っているという人もいるようで、妊娠中にだけ必要になる栄養素ではないのが葉酸というものです。葉酸とい栄養素は、たんぱく質や細胞の合成に関係しています。その効果は、流産予防や子宮内壁の強化、受精卵を守るものだそうです。もし葉酸が不足すると、障害が胎児の成長に出る可能性があり、高まるのが胎児の神経管欠損という先天異常リスクです。欧米では葉酸の摂取を推奨したことで、胎児の神経管欠損が大幅に減少したというのも事実です。葉酸の1日あたりの必要摂取量は、妊娠していなければ240μg、妊娠中は400μgです。近頃では妊娠中の葉酸サプリメントの使用を、推奨している産婦人科もけっこうあるようです。サプリメントを使えば効率的に葉酸を体内に補充することができますので、サプリメントに抵抗感があるなら食品から意識して摂る必要があるでしょうが一度は試してみてはいかがでしょうか。(ref: 522563887-53)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です