妊娠中のビタミンサプリメント

母体の健康維持のため赤ちゃんの発育のために、妊娠中のビタミンは栄養成分として欠かせないものです。赤ちゃんの発育のためにもしっかり摂取したほうが良いのは、妊娠中だけでなく授乳期も同じです。サプリメントの活用が効果的なのは、食事からのビタミン補給が十分でない場合です。サプリメントを使えば効率的に栄養摂取ができますが、簡単すぎて飲み過ぎてしまう場合があります。サプリメントの中でも、複数のビタミンを手軽に摂取したい場合におすすめなのは、マルチビタミンです。もっと妊娠中なら摂取したい成分もありますし、場合によっては妊娠中に摂取するには多い成分が含まれています。それぞれのビタミンサプリメントで摂取量を把握しながら体内に取り入れるのが、中途半端な量を摂取するよりは良いかもしれません。赤ちゃんの成長に悪い影響が、ビタミンAとビタミンDをたくさん摂りすぎると出ることがあるといいます。体内に蓄積されやすい栄養素であるビタミンAとDは、脂溶性だといいます。蓄積されやすいことが裏目に出て、サプリメントの使い方によっては過剰摂取の弊害が出ることがあるのです。可能性としてサプリメント以外でも、たくさんのレバーやうなぎを毎日食べていると、ビタミンAが妊娠中の体に過剰に蓄積されることもあります。(ref: 522563887-52)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です