洗顔に向いているのは石鹸

洗顔には、洗顔用の石鹸か洗顔フォームのどちらかを使うことになります。どちらも洗顔料として使われていますが、洗顔石鹸と洗顔フォームの違いはどこでしょう。しっかり汚れを落とし、なおかつ肌のツッパリがないという理由で洗顔フォームを利用している人はたくさんいます。肌への負担が少ないのは洗顔石鹸のほうなのです。肌の突っ張りが少ないから、洗顔フォームのほうが刺激がないというのは、誤った考え方です。洗顔フォームのいいところとして、しっかりしたきめの細かい泡を作れることを挙げ、泡が粗いと肌によくないと主張する人もいます。泡がたくさん立つような洗顔フォームのほうが、石鹸よりも肌への刺激が少ないと思っている人もいます。成分表示を比較すれば、石鹸のほうが肌への刺激がマイルドだとわかります。洗顔料に使うという、用途が同じことから洗顔石鹸と洗顔フォームを同一視する人もいますが、基本的には互いに全く異なるものです。石鹸の成分は脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウム、そして高級脂肪酸の金属塩です。合成界面活性剤が高い確率で含まれている洗顔フォームは、石鹸と比較すると肌への刺激が大きい洗顔料であるといえます。石鹸が洗顔時に推奨されるのは、このためです。(ref: 522563887-35)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です