しみやしわの予防

加齢と共に、しみやしわが気になってくる人が増加してくるものです。しみやしわのないお肌になるために、まずすべきことはどういったことでしょう。紫外線への対策は、しみやしわの解消に欠かせません。紫外線を肌に受けると、しみは徐々に増えていきます。一度しみができるとなかなか自分では治すことができないので、紫外線をとにかく浴びないことが重要です。一見して紫外線が弱そうに見える時でも、紫外線は肌に届いています。天候が悪くても、寒い季節でも、紫外線対策は必須といえます。紫外線は光老化の要因になっているため、紫外線を肌に浴びるとでしわの増加も関わっているといいます。紫外線は皮膚の乾燥の原因になりますので、目もとや口もとの水分も減っていきます。薄くデリケートな肌が乾燥すると、小さなしわがたくさん刻まれるようになります。乾燥が進むと、どんどんしわが目につくようになります。紫外線の影響で肌が乾燥すると、スキンケアでの水分補給だけでは対応できないといいます。コラーゲンが小さく切断されてしまうので、深いしわができてしまうのです。紫外線から肌を守っておくことで、しみやしわのないお肌を維持できます。紫外線による肌の影響を阻止するため、紫外線から肌を守るクリームやグッズを活用することが、しみやしわをふやさない効果があります。(ref: 522563887-29)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です