コーヒーダイエットの方法

コーヒーで行うダイエットのルールはとても簡単で、一日何倍かのコーヒーを飲むだけです。インスタントのコーヒーではダイエットはできません。浅煎りのコーヒー豆からコーヒーを入れます。浅煎りのコーヒー豆はコーヒー専門店などで入手できます。ダイエットのために飲むコーヒーは、ホットで飲むようにすることもポイントです。アイスコーヒーは、体を冷やす効果があるので必ず暖かいものを飲むようにしましょう。ブラックコーヒーを飲むことも重要です。乳脂肪や糖分は足さずにコーヒーを飲んでください。運動や入浴、食事など脂肪を燃焼させる機会があったら、その30分前くらいにコーヒーを飲みます。コーヒーを飲んでから有酸素運動をすることで、より脂肪が燃焼しやすい状態にできるでしょう。ダイエットの他にも健康にいい影響があることも、コーヒーダイエットの魅力です。コーヒーは、がん予防や糖尿病予防になるといいます。カフェインやクロロゲン酸などをコーヒーから摂取することで、血糖値を抑制することができます。糖尿病へのリスクが全く飲まない人に比べて低いと言う調査結果も発表されています。食道や胃、腸のがん細胞の成長は、コーヒーをよく飲む人は発育しづらいとも言われているようです。コーヒーでダイエットをすることで、痩身のみならず健康にもよい作用をもたらす効果が期待できます。(ref: 522563887-15)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です