お酢ダイエットの方法

どのような方法を実践すれば、お酢を使ったダイエットができるのでしょうか。目安は1日30mlで摂取するのが良いのは、もろみ酢、黒酢、りんご酢などでダイエットを行うときです。ダイエットを朝にお酢を1杯飲み、その後は毎食の食前に飲むという方法で行っている人もいます。食前に飲むと、体内の脂肪と結びつく力が強くなります。空腹時のお酢は胃が荒れる原因にもなります。ツンとくる香りのするお酢独特の酸味があり、けっこう苦手だという人もいます。お酢を飲みやすくするには、飲むときに牛乳や炭酸水と混ぜてみましょう。酸味はほとんどわからなくなりますので、野菜ジュースやトマトジュースに混ぜるのがおすすめです。カロリーが多くなりすぎないように注意して、砂糖やはちみつなどで味を調節することもできるといいます。有酸素運動をお酢を摂取した後はするとダイエット効果が上がるので、ウォーキングなどをするとより効果的です。運動の直前に酢を摂取すると、ダイエットのために運動をしている人はより効率的だといいます。代謝をアップさせるには、酢以外の酵素や栄養素をバランスよく採り入れることも大事です。お酢をせっかく飲んでも、体温が低いと基礎代謝が下がり、効果がいまいちになってしまいます。生活習慣の改善や睡眠の質の向上などで体力低下を防ぎ、体温をコントロールすることで、お酢を飲むだけでなくダイエットが効率よくできるように工夫しましょう。(ref: 522563887-2)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です