キャリアにこだわらない就職

キャリアにこだわらない就職を目指している人も少なくないようです。経済情勢の悪化などで求人倍率の下ばい傾向が社会問題にもなっていますが、求職者が余っている職場と、求職者が足りない職場とがあります。なりたい人が多い職業に求人が集中しているとは限りません。医療関係や介護関係では、人手不足が大きな問題だといいます。国の方策で外国人労働者を介護や医療のジャンルに受け入れるなど、希望者が少なくなり手がいないことが重要な問題になっています。就職活動に取り組んでいるものの思うような結果が出せないという人は、これまでのキャリアと関係ない業種にチャレンジするという方法もあります。実際今まで全く経験のなかった人が、介護職などでコツコツキャリアを積み、資格をとったり、スキルアップしていく人も大勢見かけます。全く知らなかった業種に入り、何も知らないところから専門家として充実した日々を送っている方もいます。見込まれて仕事をすることは、過去のキャリアとは無関係な職場で働くことになっても頑張る気持ちがわいてくるものです。就職活動を成功させる上でも、キャリア以外の職業も探すことで希望の働き方を探しやすくなるでしょう。働き口が見つからない理由は、実は求人の少なさではなく、自分が応募できる求人を自分で減らしているだけかもしれません。キャリアに忖度しないことで、応募ができる会社が増えることもあります。かつてと同じ業種でより上を目指すだけでなく、自分の人生を向上させるための就職と見なしてはどうでしょう。就職活動を成功させるには、時にキャリアを気にしすぎず新しい業種も検討することが重要になってきます。(ref: 432557286-277)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です