住宅ローンと変動金利のメリット

住宅ローンの場合、近頃は金利の安さから変動金利を選ぶ人が増えているといわれます。変動金利は、住宅ローンの低金利期や金利下降期に借り入れできれば低金利というメリットがあります。半年に1度のペースで、金利の見直しは行われています。同時の金利であれば、変動金利は固定金利より金利面では有利です。変動金利を選択すると、金利推移が急上昇する時に返済能力を超えた金利上昇があるのではと危惧する人もいます。金利推移が大幅にアップし、返済金額の大きな増額が見込まれる時のための上限金利特約という制度があります。上限金利特約は、金利が変動して上昇しても決められた上限は超えないということを条件に盛り込んだものです。低金利が続いている時に変動金利で借り入れる時に使う方法です。金利が上昇してもある一定の金利は超えないということです。低金利も使うことが出来、金利が上昇した場合も、一定の率以上は上がらないため、安心して住宅ローンを組むことが出来ます。住宅ローンを組む時は、変動金利か固定金利のどちらかの選択を求められます。判断がつかず決めかねているという方は多いようです。住宅ローンについて迷っている人には固定と変動金利のミックス型というのもあるので、慎重に考えて見ましょう。(ref: 432557286-265)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です