変動型住宅ローンと金利推移

変動金利型の住宅ローンは、固定型より利率が低いのが最大の特徴です。金利は六ヶ月に一度のペースで見直されるので、金利推移に応じて金利が変わっていくという方法です。一般的に変動型住宅ローンの金利自体は、半年に一度見直しがありますが、返済額の改定は5年ごとです。改定後の返済額が今までの住宅ローンの1.25倍以上になってはならないというルールがあります。月々の返済額は5年間変わらず、その間は金利だけが随時見直されていきます。金利推移によっては利息が上昇すると、住宅ローンの返済額のほとんどが利息部分にあてがわれてしまいます。元本がなかなか減らないというデメリットがあります。毎月の返済額の大半が利息で、元金の返済まで追いつかないという事態が、金利推移によっては発生します。未払利息まで生じてしまうので、注意が必要です。住宅ローンの内容によっては、毎月の返済金額を年に2回ある金利推移と連動させながら変えられるところも存在します。今後の金利推移が上昇傾向にあると判断したら、早い段階前倒しをして住宅ローンの返済を進め、元本を減額することも重要です。住宅ローンの金利にはいくつかの種類がありますが、変動金利型は金利推移によって返済額が増えるリスクにも対応できるような、世帯収入の多い家にいい方法です。(ref: 432557286-262)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です