銀行系のカードローンの注意

銀行系だけでなくカードローンを利用する時は、返済能力をオーバーした借り方に要注意です。銀行系のカードローンの場合は、特に限度額が高い為少し余計に借りてしまいがちです。借りたお金は必ず返さなければいけないことが、社会の一般的なルールです。カードローンを使う時は、返す時のことも考えるべきでしょう。カードローンの毎月の返済額については、自分の毎月の収入や生活費などを十分に考慮しましょう。無理のない範囲で返済計画を立ててから、借りるようにしましょう。銀行系に限らず、カードローンで融資を受けた時は月々の決まった返済日に、あらかじめ決まった金額を返済しなければ損害金が生じます。損害金とは決まった日までに定められた返済ができなかった時の賠償金で、日数毎に金額が増えます。何日遅くなったかによって、それに応じた金額を支払わなければなりません。元金と利息の他に、この損害金を上乗せしなければならないのです。損害金は、利息よりも高めに定められています。油断をすると雪だるま式に膨れあがりますので、状況が悪化しないうちに手を打たねば取り返しがつきません。カードローンでお金を借り入れをする際は、与信審査がありますが借り入れをした後も継続しています。支払期限に遅れることなく返済していれば、信用度がアップして利用限度額が上がる場合もあります。しかし、返済日を守れず、借りたお金が返せない人は信用度が下降していきます。少額の借り入れしかできなくなったり、以後は融資が受けられない状態に陥ってしまうこともあります。銀行系のカードローンだけでなく、消費者金融からのカードローンでも同じことがいえます。銀行系だけでなくどの金融会社のカードローンを利用する際にも、よく考えた上で、慎重な選択を心掛けていただきたいものです。(ref: 432557286-253)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です