特定保健用食品とは

この頃店頭に並んでいる健康食品には、特定保健用食品や栄養補助食品と記載されたマークがついているものがあります。トクホとも呼ばれる特定保健用食品は、比較的身近な食品です。厚生労働省が作った、健康へのある程度の効果が認められた食品に対して特定保健用食品がつきます。健康に効果があるとされる栄養素や健康食品には、人の身体に対して利用してみることで効果があがったことや、副作用のリスクが少ないことが確認できたものがあります。臨床試験で使うことで、安全性及び症状の改善効果が認められたものも存在します。特定保健用食品や栄養機能食品は、このような基準を満たしており、多の健康食品とは一線を画するというアピールでもあります。特定保健用食品は、使い方によって更にいくつかのグループに分けられます。コレステロールに焦点を置くものや、お腹の調子が良くない人のためのものがあります。大きく分けて8つの分野に分類されているようです。オリゴ糖や食物繊維など、医学的に効果があると認められた成分が配合されているものが特定保健用食品と認められます。健康食品は数々ありますが、その中でも一段違うのが特定保健用食品なのです。安全面にも配慮していることが特定保健用食品の特徴の長所ですので、健康食品を選択する時に迷ったら、特定保健用食品を検討してみると安心です。(ref: 432557286-187)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です