夏バテと栄養剤

      夏バテと栄養剤 へのコメントはまだありません

夏バテ対策に栄養剤は効果が期待できるでしょうか。夏の盛り、蒸し暑い日が続くと、食事がのどを通らなくなる人は多いようです。とはいえ、食事を摂らなければ抵抗力もなくなってしまいます。暑さ負けしてボリュームのある食事が食べられなくなる人や、クーラーを使いすぎて具合を損ねてしまうという人もいます。夏バテが酷くて打つ手がない時は、栄養剤が助けになります。夏バテ状態になってしまう理由はたくさんありますので、不調を感じたら早めに対抗策を講じましょう。栄養剤というと病後や風邪気味の時などに飲むことが多いと思います。風邪のときだけではなく、夏バテになりやすい暑い季節にも大変効果的です。最近の日本では真夏日も増えており、30度をオーバーする日も珍しくありません。暑さで食欲がなくなり、ひやむぎや冷たいうどん、サラダなど食べやすいものばかり食べるようになるのは、気温が30度越えが続くような時です。本来であれば、暑さで奪われた体力をカロリー摂取で補給したいのに、食欲が落ちていてはエネルギーの入るすべがありません。夏バテとは、夏の暑さにぐったりと疲れ果ててしまうことですが、栄養摂取が十分であれば頭痛やめまい、だるさ、下痢、便秘なども起きにくくなります。安静にすることや、身体に必要なエネルギーを補給することが夏バテでは重要ですが、消化器系が弱っている時の重い食事は逆に具合を悪くすることもあります。体力が落ちているけど食べ物を受け付けない時や、便秘や下痢が辛い時という時は栄養剤を使って手軽に栄養を補給するようにしましょう。栄養剤は薬局で買えるドリンクタイプのものや、カプセル状のサプリメントタイプのものがあります。(ref: 432557286-178)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です